輸入の室内ドア用蝶番は小さめです

輸入の室内ドア用蝶番は小さめです

輸入室内ドア用ヒンジ

ブラス・カラーのドア・ヒンジは、輸入住宅の定番と言えるでしょう。

ブラスと言っても、柔らかな金属の真鍮ではなく、ステンレスの上に真鍮色のメッキを掛けたものですから、耐久性もあるのですが15年も使っていればやはり減ってきてしまいます。

玄関ドアのような大きくて重いものを支える場合、ヒンジは102mm又は127mmといった大型のものを使います。同じ木製でも比較的軽い室内ドアの場合は、写真のように89mmの蝶番が一般的です。

勿論、ドア・メーカーや実際に施工した輸入住宅ビルダーによって大きさや数が異なるヒンジを取り付けていることもあるかも知れませんから、確認は必要です。

減ってきたヒンジを換えると、床に擦っていたドアがスムースに開閉出来るようになったり、ラッチの爪の掛かりもよくなるはずですから、長くお使いのおうちでは是非交換してみて下さい。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: 資材・商品   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。