ガレージドアの破損

ガレージドアの破損

ガレージドアの破損

20年くらい前に横浜の輸入住宅で施工されたウェインダルトン(Wayne Dalton)社製のビルトイン・ガレージドア。

大きなトーションスプリングは、以前交換したそうですが、その後ご覧のようにドアのトップパネルに割れが入ってしまったとのこと。

こちらのガレージドアは、スチール製で表面に張られた薄い鉄板によってドア自体の強度を出しています。

ですから、一部でも鉄板が破損してしまうと、ドア強度が徐々に落ちてしまい、最後にはパネルが破断するという問題が生じます。今回このように初期の段階でご相談を頂いたことは、安全上からもよいことであったと感じています。

こうしたドアの断裂は、ドアに無理な力が掛かった結果であったり、表面の鉄板が錆びて劣化してしまったりして起こります。

全体的なバランスの調整やレールの位置確認、バネ強度のチェックなどを行って、必要あれば部品を交換した上でガレージドアそのものを入れ替えるというメンテナンスを行います。

また、電動オープナーも一度も交換したことがないということですから、寿命もそろそろという状況ですので、こちらも交換となるでしょう。あとは、名古屋から横浜までの距離を如何に解決するかが問題です。

ただ、ガレージドアの修理・メンテナンスを出来る職人さんも減ってきていますから、何とか私たちがお手伝い出来ればという気持ちでおります。さて、どうなりますか。乞うご期待!

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。