外れてしまった室内側のレバーハンドル

外れてしまった室内側のレバーハンドル

外れてしまった室内側のレバーハンドル

お客様から輸入玄関ドアのハンドルセットが外れてしまって、何とかして欲しいという相談がありました。

お客様から送って頂いた写真がこちらですが、室内側のレバーが台座ごと外れ掛かっているようです。

でも、これだけではどこが悪いのかは判別出来ません。

お客様にどういう状況か、詳しく教えて下さいとお願いしてもレバーの外し方も分からないし、どこをどう見ていいかも分からないとのこと。

こちらの製品は、クイックセット(Kwikset)のものですから、不具合の状況が分かれば、すぐに材料の手配は可能です。何れにしても、おうちにお邪魔して不具合の原因を調査してそれからどう修理するかを考えざるを得ません。

今回実際にお客様の処に伺って詳細をチェックしたところ、私たちが持っている部品を使えば修理が可能と分かりましたので、予め用意しておいた部品を交換してすぐに復旧出来たのは、ラッキーでした。

通常ドアノブ・メーカーは小さな部品の販売はしてくれませんから、こういう場合多くの案件でハンドルセットごとの交換が必要となります。不具合には何某かの予兆があるはずですから、破損などのトラブルを起す前にメンテナンスをするようにしたいものです。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。

※ この「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合がありますので、新しい記事を参照頂くか、金額をお問い合わせ下さい。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。