ガラスが割れたハード社製ボウウィンドウ

ガラスが割れたハード社製ボウウィンドウ

ガラスが割れたハードのボウウィンドウ

最近サッシのペアガラスの破損について相談を頂くことが、多くなってきたように思います。

今回ご相談頂いたのは、ハード(Hurd)社製アルミクラッドのボウウインドウ。

弓なりになった4枚建具の大きなサッシは、豪華さも飛び切りです。

そのうちの1枚のペアガラスですが、内側のガラスにたくさんのヒビが入ってしまいました。(この状態ではもう1枚のガラスが残っていますから、気持ちは別にして防犯性や防雨性に特段の問題はありません)

外側であれば、バードストライクや飛び石などによって割れたということも考えられますが、室内側ですから熱割れか何かを当ててしまったのが原因かも知れません。

室内側が木製になっている輸入サッシの場合、多くのケースでペアガラスだけを交換することは難しいのです。ハードの場合も建具(障子)自体をメーカーで再製作してもらって、それを交換するということになるでしょう。

ただ、ボウウインドウのハメ殺し(FIX)窓は、外れないようにガッチリ取り付けられていますから、取り外すのが相当困難であることは間違いありません。恐らく普通のサッシ屋さんや大工さんでは、太刀打ちが出来ないでしょうね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。

※ この「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合がありますので、新しい記事を参照頂くか、金額をお問い合わせ下さい。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。