ペアガラスに錆や曇りが出たら交換です

ペアガラスに錆や曇りが出たら交換です

雨等によるサッシの劣化

こちらの輸入樹脂サッシは、ご覧の通りペアガラスの内部に錆や劣化が見受けられます。

外部の雨水が建具(障子)の中に侵入して、それがペアガラスの気密を保つスペーサーのどこかに開いた小さな隙間から入ったものと思われます。

また、窓の周囲に施工された木枠にも雨染み等による劣化が見られます。これは、台風のような強い雨風が吹いた時、建具とサッシ枠との間から雨が吹き込んだのか、雨の際に窓を開けっぱなしにしたか、室内の大量の湿気によってサッシが結露したかの何れかによって起こります。

何れにしても、こうなる前にプロに相談して対処をすべきだったとは思いますが、まだ塗装での補修が可能なように思います。

ただ、ペアガラスの劣化については、これを解決する方法はありませんから、ペアガラスごと交換することとなります。ペアガラスの内部結露による劣化は、構造的には避けることが難しい問題ですが、それなりに対処すればある程度リスクを減らせるものでもあります。

その為には、交換時にちゃんとした施工をすることが大切です。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。

※ この「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合がありますので、新しい記事を参照頂くか、金額をお問い合わせ下さい。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。