掃出しサッシのロックの不調

掃出しサッシのロックの不調

輸入掃出しサッシの壊れたロックケース

こちらのロックケースは、輸入の掃出しサッシに取り付けられているモーティシー・ロックの金物です。

サッシ・メーカーについては、どこだったかは聞き漏らしてしまったのかよく分からないのですが、形状からすると輸入の掃出しサッシによく使われている汎用品のロックのようです。

お客様は私のブログ記事をご覧になって、自分のものも同じような金物で同じような不具合が起きているということでお問い合わせを頂きました。

ロックレバーを上下させても、ロックする為の内蔵された鍵爪(ラッチ・フック)が出たり入ったりしなくなってしまったというトラブルです。

こういう場合、以前にも記事に書いたようにフックを出し入れする為の小さなバネが劣化して外れてしまったことが原因ですから、このロックケースを交換すれば直ります。

ただ、汎用品のロックケースは、種類や大きさが複数ありますから、既存のものと同じものを探す必要があります。

同じような防犯上の問題を抱えている方は、ドアに取り付けられた写真だけでなく、ドアから外した状態の金物全体が分かる写真や寸法もお送り頂ければ、部材を特定出来ますからご相談下さい。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。

※ この「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合がありますので、新しい記事を参照頂くか、金額をお問い合わせ下さい。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。