玄関ドア周囲の飾り材施工

玄関ドア周囲の飾り材施工

玄関ドア周囲の飾り材施工

昨日、岐阜県海津市の輸入住宅で玄関ドアの交換工事を行ったとの記事を書きましたが、今日はそれを更に美しく、そしてきれいに納める仕事をしてきました。

それが、一昨日当社の倉庫で仕上げ塗装を行った輸入玄関ドア用の飾り材を取り付けるという工事です。

ドアの開口部を広げた為、レンガ・タイルをカットした木口(こぐち)が露出して納まりが悪かったので、それを上からカバーするのが目的ですが、こうすることで外装の防水性を確保出来ますし、何と言っても豪華さが違ってきます。

当然、その手間や材料も多く掛かってきますから面倒も多いのですが、手間が掛かっていると感じてもらえる仕事こそ、誰からも素敵と感じて頂けるものだと信じています。

ギリシャ・ローマ時代のデザイン装飾ですから、それを出来るだけ忠実に再現してこそ様式美が感じられると思いますから、細かな点も注意しながら施工しています。

大理石を模した柱材の下には、「礎石」となるベースがなければいけません。そして、その柱材の上にもキャップ(プリンス・ブロック)と呼ばれる「まぐさ受け」が載せられます。

その上にはクロスヘッドと呼ばれる装飾された「まぐさ」がドア上の建物重量を支えるのですが、これも元々石で出来ていましたから、ピラスターよりも少し幅を広げて神社の鳥居のような安定感を演出します。

ギリシャ・ローマ時代の建物は、クロスヘッドの中央に「くさび石」のキーストーンを入れることで石やレンガで出来た建物が崩れない構造となりましたから、これも安定感を出すアイテムと言えるかも知れません。

勿論、こうした材料は、全てウレタン樹脂で出来た装飾材ですから、古代の建物ような機能がある訳ではありませんが、代々人間の脳に刻み込まれた美しさへの観念は自然とこれを意識させるのです。

日本人のあなたにも、実はそれが刷り込まれているはずですよ。こうしたことを知っていて建築するのと知らずに建てるのでは、その完成度は自ずと変わってくると思いませんか?

<関連記事>: 施工前に塗装しました (2017年11月20日)
<関連記事>: まだ途中ですが、こんなに素敵になりました (2017年11月21日)
<関連記事>: 雨で劣化しない為に (2017年11月26日)
<関連記事>: 結局エレガントな感じを選択されました (2017年12月26日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。

※ この「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合がありますので、新しい記事を参照頂くか、金額をお問い合わせ下さい。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: デザイン   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。