ないものは、作るしかない

ないものは、作るしかない

網戸がないミルガード・サッシ

こちらの片引きの輸入サッシは、ミルガード(Milgard)社の樹脂サッシらしいのですが、一番外側に付いているはずの網戸が付いていません。

網戸が破損した時に、サッシ屋さんが持ち帰ってそのまま廃棄してしまったらしいのです。

それならアメリカのサッシ・メーカーにお願いして、新しいものを作ってもらえばいいと考えるかも知れませんが、ミルガードという会社は網戸に限らず気密パッキン材(ウェザーストリップ)といった消耗品も自社での供給サービスをしなくなりました。

こうなると、海外の部品メーカーから個々の部品を取り寄せて、それを私たちが窓の大きさや形状に合わせて組み上げていくしか方法はありません。つまり、網戸を全てオーダーで製作していくということです。

その為には現場へ出向いて実際のサッシを調査・計測する必要がありますから、事前の調査費も必要です。たかが網戸1枚とは言え、その為には結構な費用や労力が掛かります。

そこまでしても網戸が欲しいという強いご希望をお持ちであれば、私共も何とかして差し上げたいと思いますが、さてこのお客様の考えは如何でしょうか。勿論、やるとなれば、完璧な輸入網戸に仕上げてみせますよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。

※ この「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容が更新されている場合がありますので、出来るだけ新しい記事を参照下さい。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。