金物に錆びはありませんか?

金物に錆びはありませんか?

下から見上げたケースメントサッシ

こちらの輸入サッシは、アメリカのミルガード(Milgard)社のケースメント・サッシ。

窓を外に開いて下から状況を確認した写真が、こちらです。10年以上使われている樹脂サッシですが、オペレーター・アームやスタッド・ブラケットがひどく錆びているのが分かりますか。

あまり窓を開けない状態で放っておくと、建具(障子)とサッシ枠との間に雨水が溜まってしまい、それが金物を錆びさせます。

ステンレスで出来た金物ばかりならいいのですが、輸入サッシの金物の殆どは鉄や鋳物で出来ています。ですから、雨や湿気で金物が結露していたら、すぐに窓を開けるか、雑巾で拭き取ってやることが大切です。

こうしたケアをするかしないかで、窓部品の寿命は随分違ってくるはずですよ。

また、10年以上経ったサッシは、ウェザーストリップが破れたり、劣化したりしているかも知れませんから、気密や断熱性を保つ為に新しいものに交換することをお勧めします。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。

※ この「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容が更新されている場合がありますので、出来るだけ新しい記事を参照下さい。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。