ウィンテックのシングルハングも元通り

ウィンテックのシングルハングも元通り

バランサーが切れたウィンテックのシングルハング

岐阜県山県市の輸入住宅でバランサーが切れたウィンテック社製シングルハング・サッシのバランサー交換に行ってきました。

Wintechの窓だけでなく、ノード(Nord)社のダブルハング・サッシについてもピボットバーやコイル・バランサーを交換したり、パラペイントで木部の防水塗装を施したりもしました。

今回は、私たちが壊れた部品を交換して差し上げただけでなく、窓の構造や不具合の原因、交換方法やその際の注意点などもお客様にレクチャーしてきました。

輸入サッシは、アルミクラッドや樹脂などいろいろな素材のものが存在します。勿論、窓メーカーも様々ですから、構造や交換方法もそれぞれ違うと思われています。

実際に使われている部品や防水・防雨に対する考え方に違いがあって、細かな部分で異なっていますが、おおよそのことは同じであると考えています。ですから、一度基本を理解し、それをそれぞれのサッシに応用すれば、大抵の輸入サッシをメンテナンスすることは可能です。

輸入サッシをお使いの皆さんは、ご自身のおうちのサッシをよく観察し、その構造や仕組み、部材を理解した上でメンテナンスや修理を行うようにして下さい。

そういったことが分からないというお客様は、まずは私共のような輸入住宅のプロに依頼して、どうやれば直せるのかをご覧頂きたいと思います。誰だって、やったことがないのに最初からやれる人はいないですからね。

———————————————————-
<お客様から頂いたメッセージ>

こんにちは。昨日は長時間、本当に有難うございました。朝から快適に窓や玄関を開閉しております。長い間不自由だったせいか、恐る恐る開閉してしまいますが・・

玄関ドアも開院当初からの悩みだったので、大変うれしく感じています。防犯性も上がり、アリやヤモリの侵入も防げますね。(交換風景や説明の)動画を復習しながら今後はできるところは自分たちで交換してみたいと思っています。

まだ今後もいろいろとお願いする所があると思いますので、ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願いいたします。信頼して頼れる方が見つかり幸いです。
———————————————————-

<関連記事>: このサッシ・メーカーも珍しい (2017年7月4日)
<関連記事>: 製造ロットの不良かも・・・? (2017年7月5日)
<お客様のコラム記事>: やまがたcolumn「窓復活」 (2017年10月6日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。

※ この「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容が更新されている場合がありますので、出来るだけ新しい記事を参照下さい。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。