輸入水栓の水漏れ、修理完了!

輸入水栓の水漏れ、修理完了!

デルタのキッチン水栓修理

先日、デルタ(Delta)社製のキッチン水栓が、吐水口から水が落ちて止まらないという記事を書きましたが、修理用の部品が届きましたので、交換に伺ってきました。

これが、お盆休み前の最後の修理作業となりそうです。

交換すべき部品は、ワンレバー・タイプの給水・給湯ハンドルの止水パッキン材。止水パッキン材と言っても、何点かに部品が分かれていて、それらを組み合わせて1つのパッキン材として機能させます。

今回、部品は全部で6点ありました。水栓金具が15年も使っていらっしゃるとのことでしたから、緑青の錆や水垢を少し掃除して新しい部品に交換しました。

分解する時に掃除をしないと中の掃除なんて出来ないですし、そういったものが詰まってしまうと、水漏れの原因にもつながります。

落としたり傷付けたりしないように慎重に作業を進め、無事元通りに復旧しました。交換後はピタッと水が止まり、気持ちよくなりましたよ。

輸入水栓の場合、普通の水道屋さんでは部品の調達もままなりませんが、私たちならアメリカやカナダから取り寄せることは簡単です。愛着のある輸入水栓を長くお使いになりたいというお客様は、水栓の品番等をご確認の上是非ご相談下さい。

<関連記事>: 部品交換で対応します (2017年8月7日)
<関連記事>: 15年前の水栓でも交換部品はありますよ (2017年8月12日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。

※ この「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容が更新されている場合がありますので、出来るだけ新しい記事を参照下さい。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。