台風が去って、雨漏れしてませんか?

台風が去って、雨漏れしてませんか?

雨漏れしているアルミクラッドサッシ

今回の台風5号によって、各地で長くて強い暴風雨が吹き荒れました。

ここ名古屋を含めた東海地区でも結構な雨風で、自動車のワイパーが利かないくらいでした。

そんな天気の時に気になるのが、やっぱり家の雨漏りですよね。

写真は、サッシの上枠コーナーを撮ったものですが、つなぎ目の処が開いてきています。

こうした処から雨漏りをしてきた場合、サッシ自体が雨漏りしているということもあるのですが、サッシの周囲の外壁やその上の屋根辺りから雨水が落ちてきて、サッシの窓枠の隙間から室内に入り込んだ可能性も否定出来ません。

もしそれが原因だとしたら、いくらサッシを交換しても問題解決は出来ませんから、何度も意味のない修理を繰り返すこととなります。

こうしたトラブルは、輸入サッシに限られると思っていらっしゃる人もいるかも知れませんが、外壁や屋根の問題だとしたら国産サッシでも起こり得ることなんです。

また、強い風雨にサッシが曝される場合、ペアガラスに水が侵入したり、ガラス内部が結露を起こしたりもします。これは、建具枠とガラスとの間に隙間が生じて、そこに雨が侵入したことが原因ですから、サッシ枠をコーキング等で防水処理しないといけません。

木製の輸入サッシの場合には、雨で木部が腐ることもありますから、定期的に木部専用の防水塗料を塗ることも忘れないで下さいね。台風が去ったからと言って安心していないで、窓を開けて木部を乾燥させたり、水の侵入がないかチェックしたりすることも必要ですよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。

※ この「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容が更新されている場合がありますので、出来るだけ新しい記事を参照下さい。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: 健康・安全   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。