コイル・バランサー、無事交換完了です

コイル・バランサー、無事交換完了です

シュエット・サッシのバランサー交換

今日、大阪府のお客様の処に伺って、菊竹産業のシュエット(Chouette)シリーズのシングルハング・サッシのコイル・バランサーを交換してきました。

窓の手前に洗濯機があって、当初交換作業に相当苦労しましたが、洗濯機を少しずらして場所を確保したら、格段に作業が進みました。

写真は、窓枠に空いた溝を広げて、新しいコイル・バランサーを挿入したところです。特殊な工具を使用して溝の幅を広げなければ、シュエットのバランサーは窓枠には入りません。

また、今回は建具(障子)を外すのにも苦労しました。バランサーを交換するに当たり、まずはバランサーに差し込んであるピボット・バーを建具から外そうとしたのですが、ドライバーが入らない位置にビス留めしてあり、ピボット・バーが外せません。

これが外れないと、バランサーを交換するどころではありません。試行錯誤をしながらこれを何とかクリアして、バランサーを露出させることに成功しました。

ここまで来れば、もうお手の物。窓枠の溝からバランサーを外し、新しい部品を挿入してからそれを固定しました。

そうそう、両サイドにあるバランサーのうち、片方のバランサーは切れて断裂していましたが、もう片方には不具合はありません。普通の人なら問題ない部品はそのままにして作業を完了するのでしょうが、私たちはそんなことは致しません。

ゼンマイのようなステンレスのバネは、何も問題がないように見えても長年の使用に伴う金属疲労があるものです。もしそのまま交換せずに建具を取り付けたら、建具の左右のバランスが微妙にずれて、バランサーに内蔵されたコイルがそのうち断裂します。

面倒ではありますが、正常と思われる方も必ず交換しておくことこそ、将来の不具合を防ぐ大切な作業なのです。

今回は、1ヶ所のサッシのみの交換作業でしたが、ここのおうちは他に10ヶ所以上シングルハング・サッシがあるそうです。これから何回こちらに伺うことになるのかを考えると、頭がクラクラしてきそうですぅ(笑)

<関連記事>: Chouetteのシングルハング用バランサー (2017年6月19日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。

※ この「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容が更新されている場合がありますので、出来るだけ新しい記事を参照下さい。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。