Chouetteのシングルハング用バランサー

Chouetteのシングルハング用バランサー

シュエット用コイルバランサー

以前静岡県沼津市でアイエムエス(IMS)カナダ社製のシングルハング・サッシのメンテナンスに伺ったことがありますが、そこで交換したのがコイル・バランサー。

ゼンマイのようなバネが巻き上がる力を利用して、窓の開閉をスムースに行うというバランサーです。

それと同じデザインのものが、菊竹産業のシュエット(Chouette)というシリーズのシングルハング・サッシにも採用されています。

IMSカナダも菊竹産業も、カナダの輸入サッシの技術を導入して国内で樹脂(PVC)サッシを生産していたのですが、両社とも既にサッシの製造はしていません。そんな状況ですから、今回もシュエット用のコイル・バランサーを窓の大きさや重さに合わせて独自に調達しました。

本来であれば、製造したサッシ・メーカーから消耗部品を取り寄せるのが普通でしょうが、メーカーがなければ面倒でも仕方ありません。ただ、このコイル・バランサーを手に入れたとしても、ノウハウのないお客様や地元のサッシ屋さんでは交換することは出来ないかも知れません。

非常に特殊な取り付け方法でしか装着出来ない部品ですから、遠く大阪狭山市へ私共が交換に伺うこととなりました。きっとカナダでは誰もが簡単に交換出来るパーツなんでしょうが、日本では滅多に使うことのないものですから、交換方法が一般化していないという点で厄介なんですね。

まあ、だからこそ私たち ホームメイドの存在意義があるとも言えるのですが・・・。

<関連記事>: 来週にでもバネの交換に伺います (2017年6月14日)
<関連記事>: コイル・バランサーの断裂 (2016年10月17日)
<関連記事>: コイル・バランサー、無事交換完了です (2017年6月23日)
<関連記事>: このタイプのバランサーは、初めて見るなぁ (2014年7月17日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。

※ この「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容が更新されている場合がありますので、出来るだけ新しい記事を参照下さい。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。