窓枠をそのままに、新しいサッシュに交換します

窓枠をそのままに、新しいサッシュに交換します

ハード社ダブルハングの交換風景

一昨日、ハード(Hurd)社製ダブルハング・サッシを新しいものに入れ替える為のリプレースメント・キット(アップグレード・キット)について、ご紹介しましたが、こちらはそれを使って実際に入れ替えを行っている様子です。

手前側には木部の腐りが発生して取り外したサッシュ(建具)が置かれています。

奥にある2つの窓ですが、左側の窓はサイド・ジャム(バランサーが内蔵されたスライド・レール)を取り外した状態で、窓枠の木製下地が露出していますね。右側の窓は、そこに新しいサイド・ジャムを入れた状態です。

新しいサッシュの形状に合わせたサイド・ジャムになっていますから、交換用のサッシュをそのまま挿入出来、スムースに窓を開閉することが可能となります。

ご覧の通り、窓の周囲の外壁や内装を壊して窓を外す必要はありませんし、窓枠をそのまま利用するので、窓の大きさや見た目もそのままです。

ハードのダブルハングは、昔と形状が異なっている為このような手法を取りますが、ダブルハング以外のハードのサッシや、マーヴィン、アンダーセン、ペラなどの窓は、まだ同じデザインの交換用サッシュを供給していますから、サッシュだけを入れ替えるだけで、美しい窓が蘇ります。

不具合が起こっても、こうしたサービスを長く享受出来るのが本物の輸入住宅です。私たちのようなプロと一緒に長くメンテナンスをしていって下さいね

<関連記事>: 今日は、5ヵ所も入れ換えました (2017年5月15日)
<関連記事>: アップグレード・キットで交換します (2017年1月19日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。

※ この「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容が更新されている場合がありますので、出来るだけ新しい記事を参照下さい。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: リフォーム・リノベーション   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。