屋根の洗浄風景

屋根の洗浄風景

屋根の洗浄

昨日記事に書きました名古屋市瑞穂区の現場です。

足場が掛かりましたので、まずは屋根の状態確認の為に表面の洗浄を行いました。

いや~、3階のそのまた上ですから高いですねぇ。高所恐怖症の私としてはメチャ怖いですが、そんなことでは建築の仕事は出来ません。冷や汗を掻きながら、登りましたよ。

10年近く前に撮られた写真では、ガルバリウムの金属屋根の塗装が相当傷んで見えましたので、最悪屋根材を撤去して新しく葺き直すことも考えていましたが、幸い表面の塗装が劣化していた程度で事なきを得ました。

ただ、こうやって水で流していると、劣化した塗料が水と一緒に茶色くなって落ちていきます。塗装の方は、もう限界といった感じでしたから、塗り直しのタイミングとしてはよかったと思います。屋根の洗浄が完了した後は、外壁の洗浄へと移っていきます。

通常は雨樋の洗浄していくのですが、今回は樋が劣化しているようですので交換します。ですから、洗浄は必要ないのですが、壁や屋根を洗っていればどうしても一緒に洗われてしまいますね。まあ、きれいになることですから、悪いことではありません。

この洗浄作業をしっかりやらないと、新しい塗装がしっかり定着しませんから、大切な作業です。安くやろうという業者さんは、この作業をしないでいきなり塗装をするところもあるようですが、それではすぐに剥がれてきてしまいます。

塗ったすぐは同じように見えますが、手を抜いた仕事は化けの皮がそのうち剥がれてくるものです。その時はもう支払いも終わっていますから、文句を言っても知らぬふりなんでしょうね。明日は、屋根の赤い錆止め塗装の模様をお伝えします。

<関連記事>: カラーベスト屋根の塗装の剥がれ (2015年10月24日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。

※ この「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容が更新されている場合がありますので、出来るだけ新しい記事を参照下さい。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: リフォーム・リノベーション   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。