外装リフォーム工事、始まります

外装リフォーム工事、始まります

足場組み工事

名古屋市瑞穂区にあるRC造3階建てのお宅で、昨日足場組みを行いました。

外壁以外に屋根のメンテナンスも行いますから、屋根を洗浄した水が近隣に飛散しないように高い位置まで足場を組んで、養生シートで周囲を囲います。

今回の主なテーマは、2階天井・壁の雨漏り補修。先回の屋根メンテナンスから10年以上経っていますので、その間に発生した雨漏りの原因(場所)を特定し、そこを重点的に防水補修することが、今回のミッションです。

建物自体は、築30年近く経っていますから、やはりここでしっかりと外装のメンテナンスを行っておくことで、長持ちするおうちにしたいと思います。三方に張られた窯業系タイルも部分的に脱落していますし、タイル目地の方も割れや劣化が見受けられます。

タイル張りの外壁は、耐久性や防水性があるように見えますが、割れればそこから雨水が侵入しますし、目地は浸透性のあるモルタルで出来ていますから、目地を補修した上でやはりクリアの防水塗装をしておく必要がありますね。

人間の作るものですから、今回のメンテナンスで半永久的に家が持つということにはなりませんが、劣化が酷くならないうちに対処しておくことで、元の状態に戻すことが可能となります。

そういうマメな補修をいくつも実施することで、大掛かりな修理を防ぐことが出来るはずです。梅雨が来る前に、外装関係の工事をやる予定です。では、またその様子を逐次お伝えしていきますね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

リフォームの概要は、リフォーム(Re-Home)のページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。

※ この「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容が更新されている場合がありますので、出来るだけ新しい記事を参照下さい。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: リフォーム・リノベーション   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。