ファイバーグラス製玄関ドアのリフォーム

ファイバーグラス製玄関ドアのリフォーム

ファイバーグラス製玄関ドアのリフォーム

木目やステンドグラスが美しいメソナイト(Masonite)社製玄関ドア。

普通に見ただけでは、本物の木製なのかファイバーグラス製のドアなのか見分けは付きませんが、このように木目の塗装が剥げてくるとその美しさは半減してしまいます。

また、ステンドグラスの周囲を覆う木目のモール材も樹脂で出来ていますから、塗装が剥げてくると紫外線によって割れが入ってしまいます。

木製でもファイバーグラス製のドアでも10年程度で塗り直しなどのメンテナンスをしないといけませんが、放っておけばいろいろな不具合が生じるのは仕方ありませんね。

そういうメンテナンスや補修サービスをやってくれる住宅会社や工務店が近くにいればいいのですが、輸入資材について専門知識のないリフォーム屋さんでは、太刀打ち出来ないこともいろいろです。

今回は、ファイバーグラスの木目塗装を行う前に、無塗装の新しいモール材に付け替えて、Kwikset(クイックセット)の玄関ハンドルやヒンジ、ロックセット、ウェザーストリップも新品に交換しました。

今私たちが調達している玄関ハンドルは、ライフタイム仕上げと言って風雨に曝されても錆び付かないというタイプのものになっています。今までお使い頂いていたハンドルセットは、錆や汚れが目立ってきましたから、ほぼ新築時の美しさを取り戻すことが出来たと思います。

あとは、専用の木目塗装を施すのみとなりましたが、さてどんな感じに仕上がるでしょうか。

<関連記事>: 樹脂なので、割れることも (2017年2月22日)
<関連記事>: 白く変色したファイバーグラス製輸入玄関ドア (2017年2月21日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。

※ この「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容が更新されている場合がありますので、出来るだけ新しい記事を参照下さい。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: リフォーム・リノベーション   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。