玄関ドアのヒンジ交換は、定期的に!

玄関ドアのヒンジ交換は、定期的に!

加工した跡があるドアヒンジ

昨日も豊田市のお客様の処に伺って、玄関ドアまわりのメンテナンスを行ってきました。

輸入住宅に慣れていない工務店さんが施工したらしく、輸入ドアの取付けが決まった通りでなくその場しのぎの仕事だったので、ドアの調整に相当苦労しました。

写真のドア・ヒンジはこの現場とは違うお客様のものですが、ドアに彫り込まれた取付け用の切れ込みが実際のヒンジの大きさよりも大きくなっているようです。

元々付いていたヒンジより小さなものを途中で取り付けたのか、それとも最初からこんな状態だったのかは分かりませんが、何か変な施工をしていますね。

ヒンジの心棒あたりの状況を見ると、左右で少しずれてきているようですから、随分金属が減ってきている感じがします。こうなってくると、ドアが敷居に擦ったりドア・ラッチやロックが固くなったりしてくるでしょうから、放っておくと鍵等の破損にもつながってきます。そうなると防犯性も心配です。

また、ドア枠側にご自身で取り付けられたと思われるスポンジ状のクッション・モール材が写っています。気密性や断熱性の為だけでなく、見た目の問題から考えても新しいウェザーストリップに交換した方がいいかも知れませんね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。

※ この「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容が更新されている場合がありますので、出来るだけ新しい記事を参照下さい。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。