摩耗した玄関ドアのヒンジ

摩耗した玄関ドアのヒンジ

摩耗した玄関ドアのヒンジ

こちらは、犬山のお客様からご相談を頂いた輸入玄関ドアの蝶番をアップで撮影した様子です。

ゴールド色のきれいなヒンジですが、長年ドアの開閉をしてきたことで、左右のヒンジが擦れあって金属が減ってしまいました。金属同士が接する部分は、隙間が空いてもうガタガタです。

こうなると、ドア自体が下がってしまい、ドアが敷居に当たってくるようになりますし、ドア・ラッチやデッドロックのバーもうまくストライクの穴に入らなくなってきます。

そうなってしまうと、鍵が掛からなかったり、ドアが閉まらなくなったりしますから、生活にも支障をきたすこととなります。それを更に放置しておくと、今度はラッチやロック自体に無理な力が掛かってしまい、最後にはこれらも破損することとなります。

そうなったら、玄関ドアを閉じることが難しくなりますから、防犯性や気密性のトラブルで緊急対応も必要となるでしょう。たかがドアの蝶番の劣化だと放っておくと、実はいろいろな問題が次々と発生することになりますから、注意が必要です。

ヒンジなどの金物は、10年程度で交換すべき消耗品ですから、ドアの調子がおかしいと感じたら、チェックした上で私たちのような輸入住宅の専門家に交換・調整をお願いして下さいね。

<関連記事>: この気遣いがいいですね (2017年11月25日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。

※ この「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。