アルミサッシを高断熱に!

アルミサッシを高断熱に!

リフォーム用樹脂窓

2000年以前に建てられた住宅の多くは、シングル・ガラス仕様のアルミサッシでしたので、樹脂や木製のフレームで出来たペアガラス仕様の最新サッシに比べて、熱が伝わりやすく隙間も多かったと思います。

私の自宅も古い日本家屋ですから、クーラーを掛けていても夏は蒸し暑く、暖房を付けていても冬はスース―します。

建て替えるにはまだもったいないし、かと言って光熱費や健康が気になるという人もいらっしゃいますよね。そんなご家族にお勧めしたいのが、リフォーム用の高断熱樹脂サッシ。

北米の樹脂サッシの技術を使い日本で製作する窓ですから、断熱性や気密性は抜群な上に窓の大きさに合わせてオーダーでサイズも指定出来るので、外壁をいじることもありません。

また、アルミサッシのフレームを外さず、フレームの上に樹脂のサッシ枠を被せて施工するので、雨漏りのリスクもなく工事も比較的簡単です。

白熱電球をLEDにしていこうというトレンドの昨今、最も熱が逃げやすい窓を断熱ペアガラスの高性能な樹脂サッシにする方が、大幅な省エネになること請け合いです。

こうしたリフォーム・リノベーションをご希望の方は、ご相談下さい。窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。

※ この「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: リフォーム・リノベーション   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。