気密・断熱をキープしたいなら、交換しましょう

気密・断熱をキープしたいなら、交換しましょう

こちらの写真は、メーカー不明の輸入サッシに取り付けられたウェザーストリップ(気密パッキン材)。

建具(障子又はサッシュとも言う)の周囲には、毛羽立ったパイル状のものやゴム状のもの、中空になった丸いものなど、様々なウェザーストリップが取り付けられています。

こちらもそうしたウェザーストリップの一つなんですが、塩化ビニールの樹脂で成形されたもののようです。窓メーカーは分かりませんが、ログハウスに取り付けた輸入サッシの気密・断熱や防水・防風対策として付けられていました。でも、長年の経年劣化で、交換時期が来たみたいですね。

ウェザーストリップは、窓だけでなく輸入のドアにも付けられていますから、その種類は膨大にあると言ってもいいでしょう。その中からサッシ・メーカーが分からない部品を探すなんて、普通のビルダーはやらないでしょうね。

でも、私たちは、この部品もおおよそ見当が付きました。こんなことをするなんて、やっぱり相当暇ですね(笑)

<関連記事>: 定期交換で気密を保とう (2019年3月13日)

輸入住宅のメンテナンスでお困りの方は、お問い合わせ下さい。窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。

※ この「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。