輸入サッシ(マービン社製)のメンテナンス

輸入サッシ(マービン社製)のメンテナンス

マーヴィンもそうなんですが、アンダーセンにしろハードにしろ、輸入サッシの建具の気密性や防水性を高める為にウェザーストリップと呼ばれるパッキン(シール材)が取り付けられている。

こうした部材の多くは、プラスチックやゴムで出来ているので10年もすると劣化して破れてきます。ずっと開け閉めしている訳ですから、こういう時はご苦労様の意味を込めて取り替えてあげるのがいいと思います。

ただ、生半可に輸入住宅を施工している工務店や輸入資材についてよく知らずに施工した住宅メーカーでは、どんな部材が必要か、どうやったら交換出来るかもアドバイス出来ないアマチュアが多くいることは確かです。

こんな時、どうしたらいいか分からないという方は、相談して下さい。出来るだけ対応するように致します。今回この写真を送って頂いた方も、そんな方の一人でした。

勿論、こんな小さな部材ですから、手配する私たちは殆どお金にはなりません。でも、長く住める輸入住宅を日本に定着させたいという私たちの理想を実現する為には、大切なサービスだと思っています。

これから新築する皆さんは、どうか信頼出来る輸入住宅ビルダーさんにお願いするようにして下さいね。新築をご計画の方や家のメンテナンスでお困りの方は、お問い合わせ下さい。

※ この「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。